So-net無料ブログ作成

カナダAmazonの詐欺注文に注意! [Amazon輸出]

ランキングに参加しています!がんばって更新しますので、1日1クリックをお願いします。
↓ ↓ ↓ 

輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村



こんにちは晴れ
yuu2.jpg
リッチ・アセット社長です。

先日、アメリカのAmazonとカナダのAmazonの北米アカウントが一括で管理できる仕様変更がなされました。
ヨーロッパでは、おなじみの形です。

少し残念なのが、アメリカとカナダのAmazonで、元々、両方のアカウントを持っているセラーにはあまり恩恵がないことです。

せっかく育てたカナダのアカウントをそのままの評価数で、アメリカのAmazonに統合できたら、どれほど嬉しいか・・・

カナダのアカウントを捨てて、新規でアメリカのAmazonからカナダAmazonに出品して利便性を確保するか、

それとも、

毎月の$30の手数料を払って、カナダの既存のアカウントを継続するか・・・

FBAの問題もあるので、現状は、今のままでいるしかなさそうです。

さて、

話は変わりますが、先日、カナダAmazonでA商品の注文がありました。

注文完了後に、バイヤーさんから、配送先を「インドネシア」に変更してほしいとのメッセージが届きましたので、特に問題なかったため、了承し、インドネシアに発送しました。

その2日後に、B商品の注文がありました。

またまた、配送先を「インドネシア」に変更してほしいというメッセージが届きました。
バイヤーさんは、A商品を注文してくれた人とは違いますが、メッセージのテンプレートは、A商品を注文してくれた人とそっくりでした。

少し様子がおかしいと思いましたので、カナダAmazonのカスタマーに相談連絡を行いました。

結果、最近、同様の手口で商品をだまし取る詐欺が発生しているとのことで、商品を絶対に送らないようにと回答がありました。

もし、カナダAmazonに出品している方がいらっしゃいましたら、配送先変更などの連絡があった場合は注意して下さいね。

私は、この詐欺を「インドネシア詐欺」と命名しました(笑
※私は、インドネシアでしたが、他の国に送らせる可能性もありますので、注意して下さいね。

Amazonカスタマーと相談しながら、対応して下さい。

それでは、今日もがんばりましょう[exclamation]



出入ビジネス コンサル生を募集しています!
詳細は → こちら




にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

↑ ↑ ↑ 
ランキングに参加しています!がんばって更新しますので、1日1クリックをお願いします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー